辻えりか 版画リトグラフの不思議物語

版画家(リトグラフ)辻えりかの作品紹介、研究日記です。                                                                  ☆作品画像はカテゴリ Gallery- でご覧になれます☆

久々のリトグラフ版画制作








久方ぶりの更新です(笑)

今は8月末から9月頭に開催する展示会の作品制作を行なっています。

去年は木版リトグラフを中心に絵本などを制作していましたが、今回はリトグラフを!!


ということで、卒業してから初のリトです・・

版画美術館の工房を借りての第1号です!


いや〜〜〜〜〜〜〜〜やっぱり、しっくりきますね!!


木リトでの作品も好きですが、私の中にある根源のテーマを表現するには
やはりリトが一番しっくりきます。




辻参考画像_convert_20140621211721



A4サイズより少し大きめ小作品です。

今までは作品一つ一つが離れた世界でしたが、今回は複数の作品の世界をつなげた作品を生み出そうと
試みています。

まだどうなるかは、分かりませんが・・


ひとつひとつ積み上がっていくのが楽しみだ!



  1. 2014/06/21(土) 21:42:47|
  2. 版画作品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

版画作品4

学部卒業制作の1つ


心は駆けてゆく2_convert_20111224233433


「心は駆けてゆく」 2011  リトグラフ 70×100

  1. 2011/12/24(土) 23:39:45|
  2. 版画作品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

版画作品3

学部の卒業制作の1つ

いままで作ってきたリトグラフの中で最大です。



世界_convert_20111223222039_convert_20111223225121

  

「向こう側の世界の冒険」 2011 リトグラフ 100×140

いろいろな物語を含ませた世界
  1. 2011/12/23(金) 22:39:59|
  2. 版画作品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

版画作品2

鉱石が大好きなので、そこから発想を頂き制作した作品。

今年の夏頃制作していました。数年ぶりに和歌山の白浜で泳ぎましたが、ずいぶん
体力がおちて、潜っていてもすぐ浮いてきちゃいました…




秘密基地1_convert_20111209234336

「秘密基地Ⅰ」 リトグラフ 2011年

観察することや、好奇心を持つことってとても大切。

生き物は死んで朽ちても、いろんな条件で、化石として今も残っている。

化石の出来方の一つとしては、(おおざっつぱに)
生物が死に、海へ沈む。筋肉や臓器などの軟体部は腐り、骨だけが残ります。骨には細かい隙間があり、その中に鉱石の溶け出した成分がしみ込んで、晶化します。
晶化することによって、骨は強化され、砂や泥が堆積しても、その重みに潰されず残るのです。

現在生きているもの、昔生きていたもの、

同時に存在する、不思議な世界。


sakuhinn1_convert_20111209234709.jpg


手彩色したもの
  1. 2011/12/10(土) 00:25:08|
  2. 版画作品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

版画作品

全然作品をupしてないので少しずつ載せる予定です。

akiya_convert_20111209231725_convert_20111209232447_convert_20111209232646.jpg

「空き家」 リトグラフ 2009年

木が生い茂る森の中、朽ちた小さな空き家には

残された財宝に争いの影がのびる

  1. 2011/12/09(金) 23:35:22|
  2. 版画作品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0