辻えりか 版画リトグラフの不思議物語

版画家(リトグラフ)辻えりかの作品紹介、研究日記です。                                                                  ☆作品画像はカテゴリ Gallery- でご覧になれます☆

版画作品2

鉱石が大好きなので、そこから発想を頂き制作した作品。

今年の夏頃制作していました。数年ぶりに和歌山の白浜で泳ぎましたが、ずいぶん
体力がおちて、潜っていてもすぐ浮いてきちゃいました…




秘密基地1_convert_20111209234336

「秘密基地Ⅰ」 リトグラフ 2011年

観察することや、好奇心を持つことってとても大切。

生き物は死んで朽ちても、いろんな条件で、化石として今も残っている。

化石の出来方の一つとしては、(おおざっつぱに)
生物が死に、海へ沈む。筋肉や臓器などの軟体部は腐り、骨だけが残ります。骨には細かい隙間があり、その中に鉱石の溶け出した成分がしみ込んで、晶化します。
晶化することによって、骨は強化され、砂や泥が堆積しても、その重みに潰されず残るのです。

現在生きているもの、昔生きていたもの、

同時に存在する、不思議な世界。


sakuhinn1_convert_20111209234709.jpg


手彩色したもの
  1. 2011/12/10(土) 00:25:08|
  2. 版画作品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0