不思議物語

〜辻えりかの版画制作研究記〜

☆卒論☆


こんにちは、
今週は急に大雨や雷雨が発生して不安定な天候でした。

稲光は怖い思いと、ワクワクする思いと両方を感じます。
自然現象とはなんと魅力的なもの。

人間には操作できない神秘である。
自然災害は良くないことですが、

昔の人々が天に神がいると信じていたのが分る気がします。

雷雨のあともしかしたら虹がでているかもしれないとすかさず工房のそとへ




お天気雨のなか素晴らしい虹を観る事ができました!!


120504_1719~01


120504_1721~01


120504_1722~01


目を凝らしてみると副虹を観察することができました。
副虹は主虹と色の列が逆でこれまた不思議…


今月は金環日食もあり、楽しみです!!太陽みれるように、グラスは準備万端!!

目は大切にしましょう。(子どもの頃何秒太陽を見続けられるかやっていたバカですが…)



話は変わりまして、そろそろ論文について計画を練らねばです。

教授陣に提出する計画書の締め切りが五月中なのであせっています(笑)

作品制作と関連あることをテーマにしたいとおもいまして、

物語に関して…

一枚絵としての物語、複数の絵からの物語(絵本)について
書こうかなと思っています。

私の表現媒体である版画にも深く関わっていることなので、
色んな角度から論じられたらと…

しかし、主題を定めなければいけなく、このまま私の書きたいことを
全て取り込むと大きすぎる可能性があるので、どう搾っていくかです。

院生になったからには、他者を納得させられる文を作り上げたい!!


ということで、論文の内容、断片の構想についてもアップしていきます!

へな猪口な文章かもしれませんが、暖かい目で見守って頂ければ幸いです。





  1. 2012/05/11(金) 23:14:54|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

展示のお知らせ☆

今日は強い雨が降ったりやんだり、

朝から昼くらいまでは暑かったけれども、雨が降り出したら

涼しくなりました。

明日は今日みたく暑くはならないようなので、半袖ではなく
長袖+羽織るものを装備して出掛けることとしよう。


展示のお知らせです。

TAMUSILーPrints Exhibition 2012

期間:2012年5月7日(月)~5月12日(土)
時間:11:00~18:00(最終日17:00迄)
場所:文房堂ギャラリー

多摩美術大学・武蔵野大学・シラパコーン大学(タイ)

三校による版画展 しかも!!

リトグラフ限定!!

交流展を行います。

場所は神保町にあります、文房堂ギャラリーです。
http://www.bumpodo.co.jp/gallery/gallery_index.html

カタログを拝見したのですが、学校によって作品が違うというのを
感じました。

同じリトグラフとは言え、各学校によって細かい部分で技法が違ったり、
得意とすることがあったり…

色んな表情のリトグラフが1つの展示場に展示されるのを
楽しみにしています。


名誉教授、教授によるギャラリートークや

最終日には14時~16時までリトグラフのワークショップが行われます。



このワークショップが、武蔵美・多摩美の学生だけで行うので

少々緊張しております!

実際にリトグラフを刷るところなどあまり見る機会がないと思うので
興味のある方は是非お立ち寄りください!

ワークショップの後時間があれば、会場に御越し頂いた方にもちょっとした体験を予定しています。


ああ、ドキドキです!
絵本のワークショップは何度かしたことがあったけれども

版画のワークショップは、学外では初めてです!!
いろいろ勉強したいと思います!!



TAMUSIL:DM
TAMUSIL:DM裏



ちなみにこのDMは武蔵野美術大学の学生さんがデザインしてくださいました!
ありがとうございます!!
  1. 2012/05/02(水) 00:12:48|
  2. 展示会のお知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0