辻えりか 版画リトグラフの不思議物語

版画家(リトグラフ)辻えりかの作品紹介、研究日記です。                                                                  ☆作品画像はカテゴリ Gallery- でご覧になれます☆

アーティスト・イン・レジデンス モニター in アートビレッジ・シラキノ その2


こちらは滞在部屋から見えます景色です。
学校の校庭があり、段々畑の先には海が広がっています。
一枚目は曇っているので海は見えませんが、2枚目は別の日撮影しました
美しい景色・・・






 sirakino1b


さてさて二日目からはいよいよ始動です。


エデュケーターの池田さんに校内を案内していただき、版画工房の設備や
備品、道具などを把握。
学校の備品を最大限に無駄なく設営された工房に驚きました!


いよいよ制作に入ります。
版画工房のカワラボさん直伝の技法書でお勉強・・
流石刷りのプロ・・・私が今までやってきたやり方と全く違う!!
職人技でした・・・

初めは小さい作品を作りました。

下絵を描いて版との間に弁柄紙を挟みトレース


sirakino1c.jpg


あとはひたすらカキカキ!!

 sirakinoa4


シルク、木版工房の設営のお手伝いをしながら制作です。
学校の棚を運んだり力仕事がいっぱい。筋肉つきそう!
木版の湯浅さんがまだいらしていませんでしたので、工房のレイアウト決まるまでは
出来ることをコツコツする感じでした。
工房に必要な道具や画材を段ボールから開封してチェック・・
他の版種は学生以来だったので懐かしみながらこんなのあった!!
と当時を思い出していました。

アイロンが置いてあったのが謎でしたが、
シルクの紗張りをするときに必要だとききました。
(自分も学生時代やったはずなのに紗を引っ張りすぎて破いたことしか覚えていませんでしたw)



違う版種で、なかなか見る機会がないので勉強になりました。





アーティスト・イン・レジデンス モニターinアートビレッジ・シラキノ その3 に続く・・・



テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2019/06/26(水) 12:07:18|
  2. 研究日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0