辻えりか 版画リトグラフの不思議物語

版画家(リトグラフ)辻えりかの作品紹介、研究日記です。                                                                  ☆作品画像はカテゴリ Gallery- でご覧になれます☆

アーティスト・イン・レジデンス モニター in アートビレッジ・シラキノ その1




2月末からアーティスト・イン・レジデンスモニターのため長崎県南島原市に1ヶ月間制作滞在しました。
記事にしようと思いながら慌ただしい日々が続きupできませんでした|ω・`)

かなり期間があいてしまいましたが、頭以外に記憶しようと書いていきたいと思います!

これからレジデンスをやってみたい!とお考えの方!
是非参考にして見てください。





まずはアートビレッジ・シラキノについてです。

場所は長崎県南島原市の廃校(旧白木野小学校)
廃校になった学校を活用して地域芸術活動の場として版画工房が設営されました!!

銅版画、リトグラフ、木版画、シルクスクリーン
4版種全て備えた工房です。

1階がギャラリー2階がアーティストの宿泊施設そして一番眺めの良い3階が版画工房になっています。

段々畑、棚田に囲まれ、校舎からは海が見え、海を挟んで天草地方を臨める
自然を一堂に感じることのできる場所です。

第1回のレジデンスモニターでは銅版工房、リトグラフ工房が設営され、
第2回の今回では木版画工房とシルクスクリーン工房が設営されました。

今回招聘されたのは版画家の湯浅克俊さん(木版画)東樋口徹さん(シルクスクリーン)
そして自身、辻えりか(リトグラフ)
湯浅さん東樋口さんはそれぞれ木版工房、シルクスクリーン工房を設営に、
私は前回完成したリトグラフ工房を使用するモニターとして、またお二方の元で学べる者として
招聘されました。


実はわたくし・・・アーティストインレジデンス(AIR)
を今回のことで初めて知りました汗(゚△゚;ノ)ノ

ゆえ、まさに修行のような1ヶ月を過ごすことになるのです・・・



ドキドキとワクワクと少しの不安を抱えながら東京を飛び立ちました。
東京から長期間離れるのは生涯初めて!!

移動中雪かかる富士山を見下ろす。ひたすら窓を覗き込み、あっという間に長崎空港へ




 空港からは銅版画家で、アートビレッジ・シラキノのエデュケーターである池田俊彦さんが
お出迎えして下さいました。
 道中は長崎、南島原について、土地の歴史や版画をふまえガイドをききました。
(もうこの時点で非常に興味ふかい話がいくつも!!)

シラキノにつくと滞在する部屋選びww一つの教室を二等分しての一室なので
まあ広い!!なんて贅沢!!と思いました。ベッドが2つにテーブル、ソファ、テレビ・・
現代っ子には必需なWFi環境もありますよ。

 
そして一番気になる工房がこちら!


IMG_3279_convert_20190425191517.jpg


IMG_3278_convert_20190425191435.jpg


IMG_3277_convert_20190425191409.jpg


銅版画、リトグラフ工房です。この2版種は設営を終えて立派な工房になっていました!

ここで1ヶ月間制作します!



今回はこの辺で!!!


続きはまた近々upします!お楽しみに\(^o^)/



 

テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2019/06/22(土) 23:00:00|
  2. 研究日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アーティスト・イン・レジデンス モニター in アートビレッジ・シラキノ その2 | ホーム | 音色の葉 work-67>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hitsujierika.blog.fc2.com/tb.php/174-707fd345
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)